FC2ブログ

美しい機能

B130ハンドルにしてからある程度距離をこなしました。
競技志向とは違い ツーリングのドロップハンドルはライディングフォームを矯正してくれると
7年位前、ベテランの方から教わっていましたが そのときはよく判っておらず、B135は力の入らないハンドルだなぁ と外して、B185に変えました。
今になって 教わったことを思い出し ああ、ホンマや 思います。
ついつい力を入れて握ったり 引くほうに腕を働かせたりしますけど 
B185は、それでも ガツガツ行くぜ と恋愛経験少なめのメンズみたいな操作をして 疑問を持たなかった。
B130では 違う違う そうじゃない そんなんじゃありゃしない と指導してくれます、手は柔らかく包み込むように、そっと握り 腕は 極軽く押す感じへ。 
そうしないと 大して走らぬうちに手が痛くなる。

ちょっと自転車に乗るのでも、多少の荷物があるのだけど、デイバックを使うほどでもない。
そんなときは、やっぱり斜め掛けポーチ。
ただ、 ポーチが徐々にズリ下がり、やがては太ももに当たるようになると不快だし ポテンシャルも落ちるので、どうにかしたいお思っていました。
いろいろ、試行錯誤を重ねた割にシンプルな答えにたどり着く。
 
ハンドルに巻きつけるんだよぉ

リクセン&カウルのデザインに難アリの高価な脱着機構付きバッグを使っていた過去がバカみたいだ。
だいたい 自転車用バッグは 外してから持ち歩けるよ ってあっても デザインがオカシクて使うのに躊躇します。
異様に四角いとか チェリーボーイ臭とか 
普通に見えて かつ自転車にマウントしてもサマになる バッグでたどり着いたのがモンベルのポーチ
ポケットも多くて仕訳しやすく デザインに甘さを感じさせないので、オッサンが使って馴染みます。

もう一つ
ツーリングに行くなら自転車用大容量バッグは外せない
ショルダーバックになっても背負えるものは無い。
という問題がある。
(昔ブリジストンに リュックサックに変形するフロントバッグがありました)
輪行バッグの自転車抱えて ショルダーバッグは辛すぎる… JRの改札で引っかかるし
解決方法を、グネグネ考えた割に、やはりシンプルな答えにたどり着く

背負えるトートバッグに入れるんだよぉ

なんでもっと早く思いつかなかったのだろ(*`・з・´)
探すとミステリーランチだけじゃないらしく色々みたけど
エーグルのバッグが安さと 機能と 見た目が良かったので買ってみました。

一時ドッペルギャンガー派の思考に陥っていたけど 考えを醸造してスッキリ纏りました。


スポンサーサイト

天才のモジュール

フイルム使う時代のカメラレビューを見るのが好きです。(o‘∀‘o)*:◦♪
今では 何言ってるの アンタ アホ?
と 言われ全く同意を得られないので、他人に漏らす事はないのだが…。
どれも 同じに見えて結構使い心地が違ったりするので凝ってみるだけの価値があった、20年前までは。

で、知らない人にはどれも同じに見える カメラであるけど わたしはオリンパスのカメラが好き。
上部デッキに勇ましくボタンを配置してインスタ映えを狙うでもなく
大きく見せて誇らしくするでもない
必要ない機能を盛り込んで目新しさを狙わない
成分の半分が良識で出来ているそんな真面目な機械。
まぁ、そんなムッツリしたキャラだからユーザーは 数は少ない、けどもファンの愛が深い そんな感じな印象を受けます。

むかし中古屋では人気がなくて安く買えました。
高校生でもちょっと凝った子が一眼レフを持てる そんなカメラだったと思う。普及機の2ケタは言うに及ばず1ケタも買えた。
(機能はそれ程変わらないけど 1ケタの方が外装が固い)
人気が無いのは地味すぎる存在感。プログラムシフトが使えなかったし
カメラカタログのキャッチコピーがなかなかポエミーで好きですけど
キミが好きだと言うかわりに、僕はシャッターを押した。←OM10
宇宙からバクテリアまで←OM1
オリンパスはこの調子でやってもらいたかった のですが…
普通にいいカメラだと思うのだけどやってしまいましたね。
ホントの名前が雅治でも持っていたらツヨシと呼ばれるあのモデル。

まぁ、ああだこうだ言ってもα7000の登場で一変するのですが…
(どちらかといえば嫌いなのに良く映るんだ)
そして、ああだ こうだ言うレベルでは無いけど レンズはミノルタの方が私の志向に合っているのか好印象
しかしボディがイマイチ
格上メーカーとされるAE-1とFEもあるけど、ありゃ可愛くないっす(*`・з・´)

私のはOM2nに35~70mmのレンズ付けっぱなし状態です。(ホントはコシナのレンズ)
コンパクトさを活かしてないダメな組み合わせで、もう初期のころのブリッジカメラでええやん と自分でも思うのだけどレンズ2個持ち歩くの面倒だし。






ジブリのアニメ 茄子をはじめて見た。

3連休…一般のサラリーマンは呑気に休日を満喫できるので 普通に素晴らしいですね
のんびりしてたら怠惰になりそうだと 自転車抱えてツーリングへ行こうと仕込んでいたのに 天気が微妙である。

致し方なくアニメを借りてきました。ジブリの風立ちぬ と 茄子 です。
あれだなー、糸井重里のコピー マッチしていないよ。
茄子 はロードレースのアニメだけど…最初のアンダルシアの方が出来がいいですね。

同じドロップハンドルでもツーリングとレーサーは別物だけど スピードが出る方がエライ というシンプルな人が多いのでツーリング車はマニアックなマイナー勢に甘んじています。
そりゃわたしなんかマファック TA サンプレックス ユーレー タケノコ式とか高等ツーリング呪文を唱えられるレベルでないけど ちょっと寂しいなぁ と…。

いままで何台自転車乗ってきたかなと、お風呂のなかでカウントしたら今のが12台目でした(>_<)
まぁ…自分の為に買ったつもりじゃない自転車なのだけど


一粒で二度おいしい

自転車を弄りました。
たまにはドロップハンドルで乗りたいなぁ と 思いまして。
こういった事もランドナーだとストレスなくやれる懐の深さがあって好きです。

ドロップは幾らか持っていますが ゆるいサイクリング(舗装路)で使いたいので新しく手に入れたB130を使います。
これの特徴はㇵの字に開いてドロップが浅い事です。高めの位置に据えて、メインで握るのは下ハン なのでコラムを上げて ステムを返して ハンドルがサドルに対して25ミリ高くしました。これが目一杯。

いつもならば、執拗に手になじむ傾きを探してからテープを巻きます。 しかしアルミから伝わるヒンヤリした感覚が不快なので 近所を走って調子を見ただけで決めてしまいます。
変速はバーエンドにつけたラピッドファイヤ レバーはダイヤコンペ204 サドルは前後を移動しただけ。

R0040520.jpg
アップハンドルの時

R0040526.jpg
ドロップに変えました。自転車2台体制にするくらいなら、お金を他のことに使いたい。

ドロップにすると籠がスペース的に無理があり入りません

フロントラック+籠は外しました。
このフロントラックというのは納得できない部分がありまして、前輪を外さないとブレーキと共締めのネジに工具が入らないのは もっと工夫できなかったのかなぁ?
ラックなどと言いながら実はフロントバッグのサポーターでしかなく荷物をのせる用途に向いていないということ。
なので、流行りつつある大型ラックをつけてみます。
買ったのはアデプト トラスポーターラック。これなら脱着し易い。ただ700c向けの部品で ただ付けて、はい出来上がり という訳にゆきません。40mmほど下げる必要があります。
しばらく考えましたが、不要なところを切って電気コード用クランプで締めました。

後ろのトピークのキャリアを下げたときはパイプが中空だった。だから ハンマーで叩いて平にしてから、ドリルで穴をあけました。

最近は自転車のキャリアに興味が向いています。
ガンダムだったらナイチンゲール最強みたいなかんじに、とりあえずニットーキャンピー付けときゃ最強 みたいなところがあります。
疑問に思うのはツーリングの出発地に向かうのにJRを使うとき キャリアをどうやって持っていくのか?
下車駅近くでコンビニ荷物受け取り宅配サービスを使う とか?
上級輪行パッケージができる人にはキャリア含めて袋に収められるのかな。
私はというとツーリングの時にはフェンダーを降ろすほどアマちゃんなので、二つの課題があります。
①キャリアを付けたまま袋に収められる小型にしたい 最悪分解してフラットに出来ること
②バッグは輪行するとき運びやすい形状 できれば背負えるもの

荷物は中旅行くらい

初めは小さなラックに如何にリュックサックを搭載するか と考えていましたが
考え直して、自転車専用バッグを如何に背負うかに シフトしました
そういうことに頭を使うのが楽しいので色々考えました。

色々用品あるよねー。


わたしのフランス

フランスなんて修学旅行でチョロっと行っただけなので、解っちゃいないですが
日本に来てくれる外国の人が スキヤキ ニンジャ フジヤマ というように
わたしもキーワードになるフランスっぽいモノがあります。
それは、ポールボキューズ や ロシュフォールの恋人たち とか シトロエン だとか
あ、いかにも な感じのレベルに逗まるのですが 
そんな私のハートに刺さる ザ・フランスがやって来た。

ということで、サヴィニャック゚展に行って来ました。
名前は知らなくても 誰しも絵を見ると ああ…アレか と漏らすのではないでしょうか。
簡略化した輪郭 ひと目でわかるメッセージ性  ユーモアと機知 が特徴だと説明されていました。
ユルーい感じです。
適当さ加減がいい。
また、バランス感覚が日本でお目にかかれないなぁ と…。

日本人が自動車作ったら パブリカ1000やキャロル600 に落ち着きそうなものだけど
フランス人ときたら シトロエンアミ や ルノー8 作っちゃってそれが割と受け入れられるから面白い。
注意を向けないと気にならないけど、よく見るとジワジワ来る。